栃木の渓流 のんびりルアーフィッシング♪

tinyfish.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 04日

死闘前夜

明日は久しぶりの休みです!
栃木県内はそろそろ管理釣場が賑わってきますね^^
明日はレイクウッドリゾート、明後日は増井養魚場がオープンするようです。

私も一昨年まではよくポンドタイプの管理釣場に通っていました。
管理釣場用にロッドを購入し、1g前後のスプーンもそれなりに揃えて
「ならやま沼」、「増井養魚場」、「フィッシングパークうつのみやインター」などに
足繁く通っていました。

しかし・・・・・・寒風吹きすさぶ中、一本の杭となってスプーンをスローに引き続けることが
逆に大きなストレスで(笑)、スプーンの釣りはもって最初の1時間、その後は一日中ひたすら
ミノーをトゥイッチ&ジャークしてました^^;

イワナやヤマメが放流されている水質の良いポンドでは、魚のミノーへの追い方、食い方を観察することができますし、また、使っているミノーの動きをよく知ることもできるので、良いトレーニングになりました^^

今は全くと言っていいほどポンドタイプの管理釣場には行かなくなりました。
理由は・・・ただ単に人込みが苦手なだけです^^;

で、明日は釣りをしたいけれど何処にいこうかしら・・・・・・・・決まったw

d0091373_2314838.jpg





d0091373_23143032.jpg


明日は近くの川か沼で野生の鯉に戦いを挑んでみます!

たかが鯉・・・されど鯉!
近所によく行く沼があるのですが、そこは藻が水面を覆い尽くすようにビッシリと繁茂していて、その藻と藻の間のほんのちょっとの隙間を我が愛竿「プロステージ山吹・8尺・硬調」で狙い撃ちます!

道糸2号前後、ハリス1.5号前後、グレ8号の2本鉤。
大きめのヘラウキを誘導式にして重めの錘で中層のブルーギルをかわして
すばやく底を取り、水底を回遊する巨鯉を寄せます。

餌は3年前にようやく辿り着いた黄金配合餌。
d0091373_015628.jpg

昔ながらのマッシュポテトにグルテン系2種類(食わせには比重の大きなイモグルテンを配合)、浮子鯉、天下無双、サナギ粉(肝太)をそれぞれ計量してボールで練ります。
バラケを強くするときは麩系を少々配合します。

この時点で相当キツイ匂い(肝太 が効いていますw)がするのですが、
もっともっと多くの鯉を寄せる為に↓で更に味付けをします!
d0091373_23474937.jpg

サナギとザリガニの10倍の集魚力(=臭い)ですから・・・
腐ったザリガニのような・・・老犬の口臭のような・・・気絶しそうな臭いのする餌の完成ですw
3日は爪の間の匂いが気になります^^;

こんな仕掛けで50cmの鯉が掛かると8尺の竿が満月になって水中に引き込まれ、
魚優位の至福の闘いを味わえます^^
時には糸を切られたり、根に潜られて万事休すの事も。
数釣りができた翌日は利き腕が心地良い筋肉痛になること間違いなしですw


と・・・ここまで書いたのはいいのですが、
やっぱりあの練り餌の臭いを思い出すと出足が鈍りそうですw
[PR]

by deepstream48_77 | 2008-10-04 00:10 | その他


<< 筋肉痛!      お気に入りのリール >>