栃木の里川 極々稀にルアーフィッシング!?

tinyfish.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 19日

Brownny's Day

今日は以前から予定していた釣り曜日♪

11:00、昨日ちょっと下見をしておいた渓に向かいます。
昨日はだいぶ濁っていたけれど、一夜明けて最高の状態♪
d0091373_20243151.jpg


ここは時々様子を見に来ていたポイントですが、入渓しやすいこともあって解禁してから3ヶ月半経った今・・・毎回来るたびにボウズを食らったり、釣れてもチビヤマメばかり;;
いつもは渇水で釣りをしているので、増水したときに果たして魚が沸くのかどうかを確認してみようと撃沈覚悟で入渓してみました。

100m程釣り下ってみたものの、魚っ気がありません^^;
ここは見切って移動しようか迷いながら、淵が連続する手前のガンガン瀬にミノーを投じるとチビヤマメがアタック♪
d0091373_2037261.jpg


ん???
普段ならチビヤマメですらルアーを見切ってなかなかバイトしてこないのに、瀬の中でチェイス無しに引っ手繰るような喰い方・・・・・・いつもと何かが違う気が(笑)

ガンガン瀬に着いてる?
かなり活性高いかも?
もしかして・・・沸いちゃってる???


釣り下り続行!!!




立ち込んでいると足元をすくわれそうなくらい強い流れだったので緩流帯ばかり狙っていたけれど、今日の魚の居場所は・・・水通しの良い瀬!

ダウンクロスにミノーをキャストして、素早いトゥイッチで勢い良く瀬を横切らせ、流芯でミノーが上流を向いた瞬間に奔流の中から尺上一発!!!
d0091373_2134274.jpg



この後も、ほとんど立ち位置を変えずにロングキャストでどんどん下流を攻めると、1キャスト1ヒットの入れ食い♪

d0091373_2053537.jpg


d0091373_20522963.jpg



瀬で8寸サイズを10匹程掛けて、これは下の連続する淵が楽しみ♪ と下流に歩き始めると耳元で「ブブブ~ンッ!!!」と危険な羽音!
振り返るとわずか1mの距離でスズメバチがホバリング(TT)
転げまわるように川の中に逃げ込んで事なきを得ました。。。。。。ここは退散w


いつもならここで釣りを終わって帰宅するのですが、この川がこれほど活性が高いのは初めてのこと。
他のポイントの様子を調べてみようと瀬が多い区間を何箇所かチェックしてみました。
d0091373_2123525.jpg



結局、どこもかしこも異常なまでの高活性♪
d0091373_21145855.jpg

移動した先々で8寸強のヤマメが入れ食いとなり、とある岩盤の切れ目から2本目の尺上♪
d0091373_217424.jpg


夕マズメは下流に人気の高い淵を控えた(淵から下流は先行者の足跡があり無反応)上流の瀬で勝負。
d0091373_21112625.jpg


これが怒涛の夕マズメとなり、1時間で尺上1本を含む14匹。
d0091373_2110449.jpg



終わってみれば、尺3本を含む40匹を超える釣果となりました。。。
あるんですね・・・こんな日が。。。

栃木の渓・・・まだまだ奥が深いです^^;


本日、素晴らしい釣果をもたらしてくれたミノーはこれ!
d0091373_21172575.jpg

これが無かったら、あの奔流を攻めきれなかったと思います。
虎の子のミノーなので、不意のラインブレイクでミノーを失くさないように何度も何度も結び直してました^^;
フックは6,7本交換したかな(笑)

これからも大事に使わなくちゃ^^




ROD : 5.1ft
REEL : 2000
LINE : 4LB
LURE : ブラウニー5cm 鮎
[PR]

by deepstream48_77 | 2009-06-19 21:30 | 2009年釣行記


<< 激戦区へ!      不精釣師の逆襲! >>